環境の持続可能性

環境保護は、ドゥカティの事業活動の発展と継続的な成長における基本的なテーマです。

そのため、ドゥカティは、2013年に国際規格UNI EN ISO 14001に準拠した環境マネジメント・システムを採用するためのプロセスを実施し、環境方針を定義し、環境保護に重点を置いた一連の目標を設定しています。

実施した作業を証明するものとして、ドゥカティは2014年にUNI EN ISO 14001規格に基づいた環境マネジメント・システムの認証を取得しました。

サステナビリティに対する取り組みを具体的に示すため、ドゥカティは、2016年に同社史上初めて、“World Ducati Week”イベントで、持続可能な管理システムであるISO 20121を取得することを決定しました。このイベントでは、持続可能な開発方針も採択しています。“World Ducati Week”は、モーターサイクル業界において、ISO 20121に認定された世界で唯一のイベントです。

モーターサイクル業界初の持続可能なイベントである“World Ducati Week 2018”を実現するために採用されたすべての活動を見るには、サステナビリティ宣言を参照してください。

ドゥカティにおけるサステナビリティと環境保護の詳細につきましては、電子メール(sustainability@ducati.com)でお問い合わせください。