Corporate

Who we are

Style. Sophistication. Performance.

レースの世界に深くかかわることで、世界でもっとも魅力的なモーターサイクルが誕生しました。ドゥカティの製品は、洗練されたスキル、極めて美しいデザイン、モーターサイクルに対する類まれな情熱を表現しています。

ドゥカティは、イタリアの産業界を代表する企業であることに誇りを持っています。各モーターサイクルは、そのデザインを通して、イタリアン・スタイルの本質を示しています。優雅な曲線を描くラインは、時代を超越した美しさを備え、そのクォリティには最高の基準が適用されています。

世界60カ国以上で販売されているドゥカティ製モーターサイクルは、もっとも情熱的なバイク愛好家の夢を実現します。

デスモドロミック・バルブ制御システム、鋼管トレリス・フレーム、L型2気筒エンジン、そしてなによりドゥカティならではのエグゾースト・サウンド。これらは、ドゥカティの個性を強調する際立った特徴となっています。

レースにおける栄光の歴史が、ドゥカティの哲学を証明しています。スーパーバイク世界選手権では、最近18回のライダーズ・タイトルの内15回を獲得し、16回のマニュファクチャラーズ・タイトルに輝いています。2007年のMotoGP世界選手権では、参戦して4年が経過していないにもかかわらず、デスモセディチGP7がライダーズおよびマニュファクチャラーズのダブル・タイトルを獲得しています。

サーキットでの活躍が、国境や人種の壁を超えて、世界中のドゥカティスタを結び付けています。その具体的な表れが、デスモ・オーナーズ・クラブ(DOC)です。DOCは、ドゥカティというブランドの下で結束した大きなファミリーに例えられます。ドゥカティスタは、サーキットに集まり、各種のイベントやワールド・ドゥカティ・ウィークに参加して親交を深めています。また、公式ウェブサイト(Ducati.com)には、毎年1,400万人以上のファンがアクセスしています。 

1926年にボローニャで始まったドゥカティの物語は、ドゥカティ・ミュージアムで見ることができます。ここでは、伝説のバイクが展示され、歴代のライダーの逸話が紹介されるとともに、ドゥカティのパフォーマンスと品質に対するこだわりを肌で感じることができます。ドゥカティは、これからも未来へと前進し、新たな道を切り拓き、栄光の歴史を生み出し続けます。