Ducati Lenovo Team

エネア・バスティアニーニ

エネア・バスティアニーニは、エスポンソラマ・レーシング・チームのデスモセディチGPで2021年にMotoGPデビューを果たしました。彼が最高峰クラスに適応するのに、それほど時間はかかりませんでした。シーズン後半、ミサノで開催された2つのホーム・グランプリで3位に入り、2回の表彰台を獲得しました。2022年、グレシーニ・レーシング・チームに移籍したバスティアニーニは、本来の才能を発揮します。カタールでの開幕戦で、バスティアニーニはMotoGP初勝利を収め、その後、米国、フランス、アラゴンでさらに3勝を挙げました。これにより、バスティアニーニは2022年シーズンの主役の1人となり、シーズン終了前の数レースまでタイトル争いを続け、チャンピオンシップで3位となりました。この結果により、現ワールド・チャンピオンのフランチェスコ”ペッコ”バニャイアのチームメイトとして、バスティアニーニは2023年にドゥカティ・ファクトリー・チームへと昇格しました。

1997年にイタリアのリミニで生まれたバスティアニーニは、3歳3か月のときに初めてバイクに乗り、そのときの年齢を忘れないために、最初の大会にゼッケン33を付けて参戦しました。イタリア・ミニGPチャンピオンシップでレースの世界へと踏み出し、いくつかのトロフィー・シリーズで結果を残した後、2013年にはMoto3カテゴリーのイタリア選手権の複数のレースに参戦し、同じ年にレッドブル・ルーキーカップで2回の勝利を獲得しました。

2014年、ファウスト・グレシーニのジュニアチームからMoto3に参戦し、世界の舞台へと歩みを進めました。彼はすぐに3回の表彰台を獲得し、何度か優勝争いにも加わって、ルーキー・オブ・ザ・イヤーのタイトルを獲得しました。翌年、ミサノで開催されたホーム・グランプリで初勝利を収めたバスティアニーニは、表彰台を6回獲得してシーズンを3位で終えました。バスティアニーニは2016年もチーム・グレシーニから参戦し、タイトル候補の1人になりました。彼は優勝1回と、さらに6回の表彰台を獲得して、チャンピオンシップ2位で2016年を締めくくりました。2017年にはモンラウ・コンペティシオン・チームに加入し、シーズン後半に3回の表彰台を獲得しました。2018年、バスティアニーニはMoto2に昇格し、レオパード・レーシング・チームに移籍しました。Moto2デビュー年には、カタロニアGPでの勝利を含め、5回の表彰台を獲得しました。2019年には、イタルトランス・レーシング・チームに移籍し、2020 年に3回の優勝と7回の表彰台を獲得して、ワールド・チャンピオンに輝きました。

2021年、バスティアニーニはドゥカティのインディペンデント・チーム、エスポンソラマ・レーシングに加入し、MotoGPにステップアップしました。MotoGPデビュー年に、ミサノで開催された2つのグランプリで2回の3位入賞を果たしたバスティアニーニは、最高峰クラスでも類まれな才能を発揮しました。2022年、バスティアニーニはシーズンの主役となりました。グレシーニ・レーシングMotoGPチームのデスモセディチGP21に乗った彼は、シーズン開幕戦のカタールでMotoGP初勝利を挙げました。バスティアニーニの成功はこれだけではありません。アメリカズGPでは、圧倒的な強さで2勝目を挙げました。約1か月後、ル・マンで開催されたフランスGPで再びセンセーショナルな勝利を収め、タイトル候補の1人になりました。サンマリノGPでは、今年からチームメイトとなるフランチェスコ・バニャイアとの激しいバトルを演じ、次のアラゴンGPでも、サンマリノGPと同じようにバニャイアとバトルを演じた末に、バニャイアを抑えて勝利を獲得しました。2022年に4回の優勝と、セパンのマレーシアGPで2位を獲得したバスティアニーニは、MotoGP参戦2年目をチャンピオンシップ3位で締めくくりました。2023年、エネアはドゥカティ・ファクトリー・チームの全面的なサポートを受け、再びタイトルを目指して戦います。

パーソナルデータ

  • ゼッケン:23
  • 年齢:25(1997年12月30日生まれ)
  • 出生地:イタリア、リミニ
  • 居住地:サンマリノ
  • 身長:168 cm
  • 重量:64 kg
エネア・バスティアニーニのソーシャルメディア・プロフィール

ニュースレターのお申し込み

メールアドレスを入力してください。ドゥカティの最新情報やプロモーション情報をお届けいたします。 個人に合わせた通知を受け取ったり、すべての機能にアクセスするため、いつでも Ducati.com に登録を完了させ、プロフィールを作成することができます。 

有効なメールアドレスを入力してください