スコット・レディング

スコット・レディングは、1993年1月4日にイギリスのクイジェリー(Quedgeley)で生まれました。12歳でレースを始めたレディングは、その3年以内に世界選手権に参戦。2008年のカタールGP(125ccクラス)でデビューしました。彼の才能は際立っており、最初のレースにもかかわらず、5位でフィニッシュして、ファステストラップも記録しました。数ヶ月後、レディングのホームサーキットであるドニントン・パークで初勝利を上げ、世界選手権レースで優勝した史上最年少ライダーになりました。彼は翌年も125ccクラスに参戦。その後、2010年にMoto2クラスに昇格し、ライダーズランキング8位でシーズンを終了しました。

2011年と2012年にもMoto2クラスに参戦し、それぞれ15位と5位にランキングされました。レディングが大きな注目を集めたのは2013年で、優勝を3回、2位および3位表彰台をそれぞれ3回獲得しました。この年、彼はオーストラリアGPを負傷で欠場し、最終戦も怪我を負った状態で出場したため、最後までタイトル争いをすることができなかったにもかかわらず、総合ランキング2位に輝きました。

この結果により、彼は2014年に最高峰クラスのMotoGPに昇格し、「オープンカテゴリー」から出場します。レディングは、MotoGPクラスでも強さを発揮し、総合ランキング12位でシーズンを終了しました。翌シーズンは本格的にMotoGPに参戦して、サンマリノGPで3位表彰台を獲得。彼のパフォーマンスはドゥカティの注目を集め、2016年~2017年の2年間、プラマック・レーシングチームに所属しました。2016年にも表彰台を獲得し、いくつかのレースでは表彰台争いにもからんで、総合15位となりました。翌年のランキングは14位でしたが、彼はこの年でチームを去ることになります。レディングは、MotoGPでもう1年を過ごしましたが、結果を出すことができず、カテゴリーを変更して、2019年にはパニガーレV4 Rに乗ってブリティッシュ・スーパーバイク選手権(BSB)に参戦しました。

BSBでは、11回の勝利と9回の表彰台を獲得し、激戦の末に、チャンピオンに輝きました。このタイトル獲得がAruba.it Racing-Ducatiチームの注目を集め、2020年からはファクトリー仕様のパニガーレV4 Rで、スーパーバイク世界選手権(SBK)に挑戦しています。

Aruba.it Racing - Ducatiチームから参戦したデビューシーズンで、レディングは素晴らしい活躍を見せ、チャンピオン争いでは主役の一人となりました。レディングは、世界選手権のタイトルを目指して最後のレースまで戦い、ランキング2位でシーズンを終了しました。2020年シーズンに、レディングは5回の優勝、14回の表彰台、1回のポールポジションを獲得しました。

スコット・レディングのソーシャルメディア・プロフィール

ニュースレターのお申し込み

メールアドレスを入力してください。ドゥカティの最新情報やプロモーション情報をお届けいたします。 個人に合わせた通知を受け取ったり、すべての機能にアクセスするため、いつでも Ducati.com に登録を完了させ、プロフィールを作成することができます。 

プライバシーの取り扱いに同意してください
有効なメールアドレスを入力してください