サプライズの楽しみ

アンドレア・ロッシが語る5つの旅の秘訣

旅人の魂を持つプロのライディング・インストラクター、そしてテストライダー。1987年にトスカーナで生まれたアンドレア・ロッシは、アドベンチャーを求める熱いエンデューロ・ライダーでもある。彼はモーターサイクルにまたがり、一人で、あるいは仲間と世界を旅し、あらゆる地形を走り、過酷な気象条件を乗り越えてきた。どのように旅の準備を行い、出発日を迎え、旅を楽しめば良いのか。そんなアドバイスを求める場合、彼以上の適任者がいるだろうか? 

「あなたがバイクで旅をするのは、エモーショナルな体験を求めているからですよね。真の感動とは、予期しないこと、すなわちサプライズから生まれます」 アンドレアは、このように語って、私たちをモーターサイクルで行く旅の世界へと招き入れた。それがどのような旅でも、アドベンチャーの要素を盛り込みたい。彼はそのように考えている。「私たちが目的地を選択するとき、その場所が放っている波動やインスピレーションが決め手となる場合が多くあります。そして、その時の気分によって、いつでも目的地を変えることができます」  

予期しないことが起こる余地を残しておくということは、偶然に身を任せるという意味ではない。むしろその逆である。発見の喜びをほんとうに楽しみたいと思うなら、メカニカルな面における準備が欠かせないということを、アンドレアは信じている。エンジンをかけて旅を始めるまえにやっておくべき5つの秘訣を彼に聞いた。

1. モーターサイクルが最高のコンディションにあることを確認する。フロントフォーク、サスペンション、タイヤが、すべて完璧に作動していること。異国の旅や、オフロードセクションのある旅を計画しているなら、タイヤの摩耗は激しいと予想されるので、目的地で新しいタイヤが購入できるかを確認する。

2. あらかじめすべての必要書類を揃えておく。目的地にもよるが、身分証明書またはパスポート、ビザや各種許可証、国際運転免許証などが考えられる。もちろん、車両登録証、保険証書も忘れないこと。 

3. 今日、インターネットは旅行中においても欠かせないものになった。コネクティビティを維持するため、あなたが現在使用している通信会社がどのような料金プランを提供しているか確認しておこう。ネットワークが使えないリスクがある場合は、衛星通信デバイスや、オフラインになっても使える地図が必要となる。安全のため、精度の高い紙の地図をつねに携帯することをアドバイスしたい。電子機器に問題が発生した場合には、これだけが頼りだ。   

4. バイカーたちの格言によれば「悪い天気なんてない、悪いウェアがあるだけだ」 あなたの旅先となる地方や国をよく調べ、旅の途中の天気を予想して適切なライディングウェアを揃えよう。あらゆる温度環境に対応するため、重ね着をすることをお勧めする。また、高温による身体への影響を決して侮ってはならない。寒さ、雨、雪などは厳しい旅を強いるが、高温な環境にも適切なウェアによって対処する必要がある。

5. ハイシーズンに人気の観光地を訪れようと思うなら、ホテルはあらかじめ予約しておいたほうが良いだろう。旅の自由度は少し失われるが、宿が確保されているという安心感を得ることができる。もう少し冒険心があるなら、自由を求める思いを抑制しないで欲しい。テントを積み込み、アドベンチャーのハードルを最高に引き上げ、本能に任せて最高のキャンプサイトを探してみてはどうだろう。

このような、小さいながらも大事な要件をクリアしたら、あとは楽しむだけである。アンドレアが別れ際に言ったとおり「予想できないことこそ、旅を忘れられないものにしてくれる」のだから。

ニュースレターのお申し込み

メールアドレスを入力してください。ドゥカティの最新情報やプロモーション情報をお届けいたします。 個人に合わせた通知を受け取ったり、すべての機能にアクセスするため、いつでも Ducati.com に登録を完了させ、プロフィールを作成することができます。 

プライバシーの取り扱いに同意してください
有効なメールアドレスを入力してください