プーリアで見る真の農場

古代の美しさと現代の卓越性を巡る旅

その地は、中世の雰囲気、古き良き時代の歴史、昔から変わらない希少な美しい風景によって、人々を魅了する。しかし旅人がここに立ち寄るのは、この土地の人々が、常に卓越性を追求し、未来を見通し、進化する方法を知っているからでもある。イタリア最高の伝統と未来とが息づくプーリア地方の農場、マッセリアへようこそ。

ここには、時代や世代、人類の進化を超越した場所が存在する。数え切れない人生が過ぎ去るのを見つめてきた亀裂だらけの道。年老いた賢者のしわを想起させる壁。がらんとした空き部屋には、誰も語ることのない数多くの物語が存在する。プーリア地方の赤土にしっかりと建てられたマッセリア(プーリア地方独特の農園領主の館)は、間違いなくそのような場所に分類される。

マッセリアを訪れたことがある人なら、誰もが知っている儀式がある。それは、初めてこの土地に入るときには、つま先立ちで歩くということだ。これは、私たちよりずっと長く生きた人たちに対して示す敬意を表すと同時に、過去の歴史に思いを馳せるという意味が込められている。実際そうなのだ。ここでは、1800年代の風景、すなわち馬がひしめく厩舎、夕方の労働者たちの丸まった背中、主人の部屋を通り抜けてゆく使用人の列、田舎のゆっくりとした時間などを想像せずにはいられない…

プーリアに何百と散らばるマッセリアの大半は、その当時のままに残されており、大きな中庭や部屋で味わう雰囲気も昔風。今まさに最高の活気に溢れるそれらの場所は、地方の威厳に満ちたエレガンスと古代に遡る魅力を伝えてくる。長い年月を経て、多くのことが変化し、そして進化してきた。ディテールへのこだわり、新しいものへの目配り、そして再生を目指す意欲は、保守的でありながらも革新性を持つ魂の成果である。つまり、過去を生かすためには、未来を見つめる必要があると気づいた人たちの魂である。

それを理解する最高の方法は、自分の目で確かめることだ。いつの日かプーリアを訪れる時のために、一見の価値があるスポットをいくつか紹介しよう。

アンティカ・マッセリア・ブランカティ

過去への旅を夢見るなら、この場所がお勧めだ。オストゥーニに建つマッセリア・ブランカティでは、古い望楼から1880年代に遡るオリーブオイル搾油所まで、すべてに歴史があり、この地に住む人の耕作者魂を感じさせる。 

かつては小要塞としても使われたこのマッセリアの本当の歴史的遺産は、ローマに起源を持つオリーブ園だ。ここでは、現在では滅んでしまったメッサピイ人たちが育てていた3,000年前の品種の巨木が立ち並ぶ。その幹の形状は、長い年月をかけて風によって“彫刻”されてきたものだ。訪れるには予約が必要なアンティカ・マッセリア・ブランカティは、過去でありながら未来を感じさせる場所でもある。現在は、簡易宿泊施設となっており、最高品質のオリーブオイルを求めるアグリツーリズム(農業体験型観光)の目的地にもなっている。  

マッセリア・スピナ・リゾート

土の色にも負けない朱色に塗られた印象的な建物。広大な農場、様々な血統と王朝の歴史、古代の果樹園、田舎風の公園と要塞化された塔。モノポリにあるマッセリア・スピナ・リゾートに到着した瞬間、中世の世界にタイムスリップした気分になり、このまま現実世界には戻りたくないと感じるだろう。しかし、ここは屋外の霊廟(死者や祖先の霊を祀る場所)ではない。生命力に溢れた場所、刺激的なイベントの劇場となり、星空の下でのパーティが行われる場所なのだ。

マッセリア・ルッソーリ

ムルジア・デイ・トゥルッリ特有の風景の中、地中海灌木帯の中に立つマッセリア。オリーブの老木とキャロブの木に囲まれ、晴れた日にはターラント湾までも見通すことができる。マッセリア・ルッソーリを訪れる理由は数多くあるが、ちょっと変わった特徴としては、ここの敷地の192ヘクタールが、マルティナ・フランカ種のロバの保護区となっており、約90頭が飼育されていることも挙げられる。

素晴らしい景観の海岸線を走る

海を見渡すワイディング・ロード、小さな村、オリーブ並木を通るオフロード。ムルティストラーダ950は、完璧な多用途性を示しました。南イタリア中心部への旅が始まります。(英語リンク)

LET'S START
LET'S START

ニュースレターのお申し込み

メールアドレスを入力してください。ドゥカティの最新情報やプロモーション情報をお届けいたします。 個人に合わせた通知を受け取ったり、すべての機能にアクセスするため、いつでも Ducati.com に登録を完了させ、プロフィールを作成することができます。 

プライバシーの取り扱いに同意してください
有効なメールアドレスを入力してください