ミケーレ・ピッロ

ミケーレ・ピッロは、1986年7月5日にイタリアのサン・ジョヴァンニ・ロトンドで生まれました。彼は、MotoGPでもっとも経験豊かなライダーの1人であり、これまでにあらゆるカテゴリーで戦い、そのすべてにおいて確かな実績を残してきました。ドゥカティMotoGPテストチームのライダーとして9シーズン目を迎えたピッロは、2004年にヨーロッパ125GPチャンピオンを獲得し、イタリア・チャンピオンには7回輝いています。2007〜2008年はイタリア・スーパーストックで、2009年はひとつ上のスーパースポーツ、さらに2015年、2017年〜2021年にはドゥカティ・マシンを駆ってスーパーバイク・カテゴリーでタイトルを勝ち取っています。

ピッロは、2003年に125ccクラスのワイルドカード参戦により、世界選手権デビューを果たしました。2004年は、イタリアGPにワイルドカード参戦したほか、負傷によってレースを欠場したマルコ・シモンチェッリの代役としてバレンシアGPにも出場しています。その後、ピッロは2005年と2006年に世界選手権にフル参戦し、その後は量産車ベースの選手権へと戦いの場を移しました。

2007年、ピッロはスーパーストック1000にデビューし、FIM CUPとイタリア国内シリーズのCiVにダブル参戦し、2年連続でイタリア・タイトルを獲得しました。2009年にはスーパースポーツ世界選手権に参戦、ポルティマオで6位のシーズンベストをマークし、最終的にランキング12位でこの年を終えました。この年、彼は同じマシンでイタリア・チャンピオンに輝いています。2010年、ピッロはスーパースポーツへの取り組みを継続しながら、Moto2のアラゴンGPにも参戦しました。翌年、彼はイタリア警察のスポーツ部門であるFiamme Oroに加わり、Moto2にフル参戦を果たしました。故マルコ・シモンチェッリに敬意を表して#58のゼッケンを付けた彼は、イギリスGPで3位表彰台を獲得すると、バレンシアGPではポール・トゥ・ウィンの快挙を成し遂げました。

2012年、ピッロはMotoGPクラスに昇格し、CRTカテゴリーでレースに参戦しました。彼の優れた戦歴により、2013年にはドゥカティ・テストライダーに抜擢され、デスモセディチGPマシンの開発に参加します。同年、彼は3つのレースにもワイルドカード参戦しています。彼はまた、負傷でレースを欠場したプラマック・レーシング・チームのベン・スピーズの代役として7つのレースに出場し、カルロス・チェカの代役として、ドゥカティ1199を駆ってスーパーバイク世界選手権の最終ラウンドにも参戦しました。

翌年、ピッロはテスト・ライダーとしての役割を継続する一方で、アルゼンチンGPでは、カル・クラッチローの代役としてファクトリー・チームからレースに参戦しています。この年、ピッロは5戦にワイルドカード参戦して18ポイントを獲得して、総合ランキング19位となりました。2015年シーズンには、3つのレースにドゥカティからワイルドカード参戦すると同時に、スーパーバイク世界選手権ではダビデ・ジュリアーノの代役としてパニガーレRにも跨がりました。ピッロは、出場したほぼすべてのレースでポイントを獲得し、両方のチャンピオンシップを21位でシーズンを終了しました。また、彼は、Barni Racing TeamからパニガーレRを駆ってCiVに参戦し、スーパーバイク・カテゴリーで圧倒的な強さを発揮して、開催されたレースの半分で勝利を収めました。

2016年は、MotoGPの9戦に出場しています。そのうち2戦はワイルドカード参戦により3台目のファクトリー・マシンに跨り、2戦はアンドレア・イアンノーネの代役として出場しました。さらに、3つのレースではプラマック・レーシング・チームのダニーロ・ペトルッチの代役として、2つのレースでエスポンソラマ・レーシング・チームのロリス・バズの代役として参戦し、合計36ポイントを獲得して総合19位にランキングされました。2017年に出場した3戦は、すべてワイルドカードとなりました。第3のファクトリー・ライダーとしてワークスマシンを操り、25ポイントを獲得しました。CiVのスーパーバイク・カテゴリーでは、12戦中11勝という圧倒的な強さを発揮し、パニガーレRとともに再びタイトルに輝いています。

2018年、ピッロはムジェロでのクラッシュにより短期間サーキットから離れていましたが、MotoGPでは3つのレースに参戦し、最終戦のバレンシアGPでは、MotoGPキャリア最高位となる4位でフィニッシュしました。さらに、CiVでは8勝を挙げ、3度目のイタリア・スーパーバイク選手権のタイトルを獲得しました。

2019年、ピッロはイタリア国内選手権で引き続き圧倒的なパフォーマンスを発揮し、9回の優勝と3回の2位表彰台を獲得して、再びチャンピオンに輝きました。同年、ピッロは、MotoGPのイタリアGP、サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP、バレンシアGPの3つのレースにワイルドカード参戦しました。2020年、彼はBarni Racing Teamとともに、6シーズン目となるCiVに参戦しました。さらに、シュピールベルクにあるレッドブルリンクで開催されたオーストリアGPでは、負傷したフランチェスコ・バニャイアの代役として、プラマック・レーシング・チームからMotoGPに参戦しています。

2021年、ピッロはイタリア選手権で12レース中11勝を上げ、残りのレースも2位でフィニッシュして、再びBarni Racing Teamとパニガーレ V4 Rで、5回目のスーパーバイクタイトルを獲得しました 。同年、ピッロは、MotoGP世界選手権に3回参戦しています。ムジェロで開催されたイタリアGPでは、負傷したホルヘ・マルティンの代役として、プラマック・レーシング・チームから参戦しました。その後、 9月と10月にミザノ・ワールドサーキット・マルコシモンチェリで開催された2つのグランプリでは、ドゥカティ・テストチームのワイルドカードとして参戦しました。

2022年は、ベルガモを拠点とするチームからイタリア・スーパーバイク選手権に参戦して、タイトルを防衛することに加え、テスト・ライダーとしての重要な仕事を続けます。ドゥカティ・デスモセディチGPの開発とは別に、ピッロは新しいドゥカティMotoEのテストを継続しています。2023年のMotoE ワールドカップでデビューするこのマシンは、昨年12月にミザノ・アドリアティコで最初のテストが実施されました。

パーソナルデータ

  • 年齢:35 (1986年7月5日生まれ)
  • 出生地:イタリア、サン・ジョヴァンニ・ロトンド
  • 居住地:イタリア、チェゼーナ
  • 結婚歴:未婚
  • 身長:178cm
  • 体重:69kg
  • 公式ウェブサイト: www.mpirro.it

戦歴

  • マシン:ドゥカティ・デスモセディチGP
  • ゼッケン:51
  • GP出場回数:107(MotoGP×60、Moto2×18、125cc×29)
  • GP初参戦:カタール2012(MotoGP)、アラゴン2010(Moto2)、イタリア2003(125cc) 
  • 優勝回数:1(Moto2)
  • 初優勝:バレンシア2011(Moto2) 
  • ポールポジション:1(Moto2)
  • 初ポールポジション:バレンシア2011(Moto2)
  • 合計獲得ポイント:229(MotoGP)+ 86(Moto2)+ 3(125cc) 

ミケーレ・ピッロのソーシャルメディア・プロフィール

ニュースレターのお申し込み

メールアドレスを入力してください。ドゥカティの最新情報やプロモーション情報をお届けいたします。 個人に合わせた通知を受け取ったり、すべての機能にアクセスするため、いつでも Ducati.com に登録を完了させ、プロフィールを作成することができます。 

有効なメールアドレスを入力してください