ドゥカティ兄弟

アントニオ・カヴァリエリ・ドゥカティの3人の息子が1926年に「ドゥカティ・ラジオ無線特許科学会社」(Società Scientifica Radio Brevetti Ducati)を設立したとき、この小さな無線用品ビジネスが世界で最も有名なモーターサイクル・ブランドの1つへ成長しようとは、夢にも思わなかったことでしょう。
ドゥカティ兄弟

19世紀の終わりに成功を収めた技術者であるアントニオ・カヴァリエリ・ドゥカティの3人の息子たちが、ドゥカティ生誕の立役者となりました。プロジェクトを統括し舵取りを行ったのはブルーノ・ドゥカティ。マルチェロ・ドゥカティは人事を担当し、アドリアーノ・ドゥカティは製造と研究を担当しました。READ MORE 

アドリアーノ・ドゥカティ

1924年、物理学の優秀な研究者だったアドリアーノ・カヴェリエリ・ドゥカティは、自分で製作した短波装置でイタリアと米国間の通信を成功させ、その名を知られるようになりました。この実験の成功に勇気づけられたドゥカティ一族は、1926年7月4日に「ドゥカティ・ラジオ無線特許科学会社」を設立したのです。 READ MORE 

ブルーノ・カヴァリエリ・ドゥカティ

1926年7月、アドリアーノ、ブルーノそしてマルチェロ・カヴァリエリ・ドゥカティがボローニャにドゥカティ・ラジオ無線特許科学会社を設立したとき、3人の年齢をすべて足しても50には届きませんでした。アドリアーノは会社の技術面、科学面の駆動力であり、ブルーノは経営と財務を担当しました。READ MORE 

The Ducati characters

グリエルモ・マルコーニ

グリエルモ・マルコーニは、無線通信の発見者として広く知られています。リヴォルノ市に住んでいたマルコーニの母親は、自分の息子と物理学教授ヴィンセンツォ・ローサを引き合わせます。彼は、若きグリエルモに、電磁波に関する知識を教えました。電磁波がハーツによって発見されたのは、わずかに時を遡る1891年でした。READ MORE 

アルド・ファリネリ

アルド・ファリネリは、トリノのSIATA(スポーツカー専門メーカー)で管理職を務めていました。ファリネリは、SIATA在籍中に独創的な技術と発想力で、4速エンジン「クッチョロ」(Cucciolo)を開発し、特許を取得しました。READ MORE 

アルベリーノ・クリストフォリ

これは、ドゥカティに在籍した社員の団結により、第二次世界大戦中の悪夢から逃れることができた男に関する感動的な話です。READ MORE 

ジャン・ルイジ・カペリーノ

ジャン・ルイジ・カペリーノは、ドゥカティ最初のフレーム・デザイナーと言うことができるかも知れません。第二次世界大戦後、ドゥカティの経営者たちはトリノにあったSIATA社から製品プロジェクトを買収しました。その製品の名前が「クッチョロ」です。READ MORE 

ジュゼッペ・モンターノ

ジュゼッペ・モンターノは、その厳格な経営スタイル、採用した戦略的な変更、そして何よりもドゥカティ・メカニカに革命をもたらした才能を発掘したことで知られています。その才能溢れる人とは、ファビオ・タリオーニです。READ MORE 

ジョルジオ・モネッティ

「ワールドツアー」を実現したジョルジオ・モネッティは、ドゥカティの歴史の一部となっています。これは、彼が友人タルタリーニとともに達成した、他に例を見ない先駆的な旅で、彼らは地球上のすべての大陸を走破しました。READ MORE 

レオポルド・タルタリーニ

1932年8月10日、ボローニャに生まれたレオポルド・タルタリーニの家庭には、つねにモーターサイクルがありました。彼の父は、フレラやグッツィといったメーカーのモーターサイクルでレースに参戦していました。また、長年にわたってディーラーも経営していました。彼は息子とともにドゥカティに移ってきたのです。READ MORE 

フランコ・ファルネ

フランコ・ファルネは50年間にわたり、ドゥカティ・ブランドとそのバイクに深く関わってきた人です。ファビオ・タリオーニが着任し、ドゥカティの技術に革新をもたらす以前、ファルネはすでにクッチョロを駆るプロレーサーであり、ドゥカティ工場でメカニックとして働いていました。READ MORE 

ファビオ・タリオーニ

世界中のサーキットや道を走るドゥカティ・モーターサイクルのすばらしい成功の裏には、ほぼ40年間にわたり、ファビオ・タリオーニがもたらした刺激や駆動力が存在しました。 READ MORE 

マリオ・レッキア

マリオ・レッキアは、ドゥカティのメカニック兼ライダーとしてとても有名でした。これは、彼自身が語る、ボルゴ・パニガーレ工場で働いていた時代の逸話です。READ MORE 

ジャンニ・デリ・アントーニ

モデナ出身のジャンニ・デリ・アントーニは、1955年のモトジロに参戦するライダーとしてドゥカティと契約しました。いくつかの耐久レースで勝利したことにより、デリ・アントーニは新しいドゥカティ・チームのテストライダーとなりました。READ MORE 

ブルーノ・スパッジアーリ

若い頃から、ブルーノ・スパッジアーリは「活気に溢れた」人生を送りたいと思っていました。モーターサイクルのレースを初めて見た彼は、ただちにレーシングライダーになることを決意しました。READ MORE 

マイク・ヘイルウッド

マイク・ヘイルウッドは、おそらく史上最高のライダーでした。彼の父であるスタン・ヘイルウッドは富豪であり、息子のファン第一号でした。彼はマイクに、レースをするために必要なすべてを与えてくれました。READ MORE 

ポール・スマート

ポール・スマートは、数多くのマシンを走らせたレーサーですが、ドゥカティスタにとって永遠に記憶に残る存在となったのは、1972年のイモラ200マイルレースにおける伝説的な勝利によるところが大きいでしょう。READ MORE 

クック・ニールソン

クック・ニールソンは、友人フィル・シリングが750SSをベースに用意したカリフォルニア・ホットロッドに乗ってデイトナを制し、ドゥカティの歴史の1ページを作りました。イタリア製の市販車を使ったレーシングバイクが、米国で初めて勝利を手にしたのです。READ MORE 

マルコ・ルッキネリ

マルコ・ルッキネリはスズキのマシンに乗り、1981年の500cc世界選手権を制覇したレーサーです。ドゥカティに移籍して新しいキャリアを始めた彼は、成功に次ぐ成功を手にしました。その中でも特に有名なのは、1987年デイトナでの有名な勝利と、スーパーバイク世界選手権初戦での優勝です。READ MORE 

ミゲール・ガルーツィ

ミゲール・アンヘル・ガルーツィは、モーターサイクルに対する本能的ともいえる情熱と、エンジンに対する強いこだわりを持ち続けていました。彼のもっとも有名なプロジェクトであるモンスターにより、ミゲール・ガルーツィはモーターサイクルの歴史にその名を残しました。READ MORE 

マッシモ・タンブリーニ

独創の才に長けたマッシモ・タンブリーニは、誕生後10年以上にわたって影響力を持ち続け、今日でもそのラインが新鮮な独自性を備えたモーターサイクルを生み出しました。彼の製品は、時間という概念を超越することに成功したのです。READ MORE 

レイモン・ロッシュ

長いキャリアにおいて、レイモン・ロッシュは数多くのバイクを走らせてきましたが、大きな転機となったのはスーパーバイク世界選手権への参戦でした。READ MORE 

ダグ・ポーレン

ダグ・ポーレンは、戦績だけでなく華麗なライディングスタイルによってもファンの記憶に刻まれています。彼は、高速コーナーでドリフトのテクニックを使った最初のライダーの1人です。READ MORE 

ジャンカルロ・ファラッパ

モーターサイクルの世界には、つねにヒーローが登場します。つまり、その行動や戦績によって、ファンの記憶に残るライダーたちです。そんなヒーローの1人であるジャンカルロ・ファラッパは、レースでの粘り強い走りにより、スーパーバイク世界選手権でもっとも戦闘力のあるライダーと認められるようになりました。READ MORE 

カール・フォガティ

スーパーバイク世界選手権のことを考えるとき、「キング」カール・フォガティの偉業を思い出さずにはいられません。市販モデルをベースとしたレーシングマシンに乗って誰よりも多くのレースを制し、タイトルを手にしたライダーです。READ MORE 

ピエール・テルブランチ

ドゥカティのデザイナーとして最初のすばらしい作品がスーパーモノでした。サーキットで優勝を重ねたこのバイクは、モーターサイクル・デザインにおける一つの頂点とみなされています。READ MORE 

トロイ・ベイリス

ドゥカティの歴史を通して、ファンや愛好家の記憶に鮮明に残る何人かのライダーが存在します。その中の特別な1人、トロイ・ベイリスは、現代のドゥカティスタに「ダーリン(最愛の人)」と呼ばれ、広く親しまれています。READ MORE 

ロリス・カピロッシ

1971年のレース初参戦から数十年の時を経た2003年、ドゥカティはMotoGPに帰ってきました。この最高峰クラスで、トロイ・ベイリスのチームメイトとしてデスモセディチを走らせたのが、MotoGP選手権におけるベテランライダーのロリス・カピロッシでした。READ MORE 

ケーシー・ストーナー

2003年に再開され、ロリス・カピロッシの成功によって大きく前進したドゥカティのMotoGP参戦ですが、2007年に世界の頂点に君臨したのは、ドゥカティスタの人気者となったケーシー・ストーナーでした。READ MORE 

ニュースレターのお申し込み

メールアドレスを入力してください。ドゥカティの最新情報やプロモーション情報をお届けいたします。 個人に合わせた通知を受け取ったり、すべての機能にアクセスするため、いつでも Ducati.com に登録を完了させ、プロフィールを作成することができます。 

プライバシーの取り扱いに同意してください
有効なメールアドレスを入力してください