DUCATI WORLD PREMIÈRE 2023

Monster SP

Mad for Fun

モンスターにSPバージョンが追加され、ラインナップが拡大されました。このニューモデルは、スポーツ・ライディングを愛するライダーのための完璧なテクニカル・コンポーネントと、MotoGPからヒントを得たスタイリッシュなカラーリングにより、走る楽しさを強化しています。

モンスターSPは、MotoGPドゥカティ・ファクトリー・チームのデスモセディチGP 2022からヒントを得たカラーリングを採用し、オーリンズ製NIX30フォーク、型式認証済みテルミニョーニ製サイレンサー、ブレンボ製Stylema®フロント・キャリパー、ピレリ製ディアブロ・ロッソ4タイヤを装備しています。新型モンスターSPは、スーパースポーツ・バイクと同等の装備によって、モーターサイクル・ファンを魅了します。あとはライダーの個性を反映させるだけです。

モンスターの走りを見る

モンスターSPは、より軽快なスポーツ・ライディングが楽しめます。SPバージョンでは、ブレーキ性能を強化し、重量を削減し、コーナー出口における旋回性を改善し、あらゆるライディング・シーンにおける精度が向上しています。

ドゥカティ・レーシング・レザースーツは、サーキットにおけるスリリングな走りや、ワインディングロードを走る楽しさを最大限に引き出せるようにデザイン・製作されています。ラインナップの頂点に位置するこのレザースーツは、高い安全性と保護性能を実現し、最先端のテクノロジーと革新的なソリューションが導入されています。

カタログを見る
カタログを見る
よりスポーティに、より楽しく

モンスターは、ドゥカティのすべてのエッセンスを、可能な限り軽く、コンパクトで本質的な形で表現しています。正確なコーナリング。優れた直進安定性。SPバージョンは、オーリンズ製サスペンション、ブレンボ製Stylema®フロント・キャリパー、型式認証済みテルミニョーニ製サイレンサー、ピレリ製ディアブロ・ロッソ4タイヤ、ステアリング・ダンパー、リチウムイオン・バッテリーなどのプレミアムなテクニカル・コンポーネントを装備し、より軽快なスポーツ・ライディングを楽しむことができます。

サスペンション

フルアジャスタブル・タイプのオーリンズ製サスペンションは、モンスターおよびモンスター+に装着されているフロント・フォークよりも0.6kg軽量化され、フィーリングが向上するだけでなく、最低地上高が引き上げられ、バンク角も増加しています。

ブレーキシステム

また、スポーツ走行の観点から見ると、ブレンボ製Stylema®キャリパー、アルミニウム製フランジを備えた320mmフロント・ダブルディスク(標準仕様のモンスター比で0.5kg軽量)を採用してブレーキシステムをアップグレードすることで、制動時のパフォーマンスが向上すると同時に、フロントの重量が削減されたことで、より俊敏な走りが実現しています。

リチウムイオン・バッテリー

モーターサイクルの軽量化には、リチウムイオン・バッテリーの採用も貢献しています。これらのアイテムにより、ステアリング・ダンパーやマイクロビキニ・カウルといった装備の追加にもかかわらず、すでにこのカテゴリーのベンチマークとなっている標準モデルと比較して、装備重量がさらに約2kg削減されています。

ステアリング・ダンパー

モンスターSPのスポーツ性能は、加速時やコーナリング時の安定性を向上させるステアリング・ダンパーや、ピレリのフラッグシップ製品であるディアブロ・ロッソ4タイヤを標準装備することによってさらに高められています。

ピレリ製ディアブロ・ロッソ4タイヤ

モンスターSPは、スポーティなライディングにおける業界のベンチマークとなっているピレリ製ディアブロ・ロッソ4タイヤを装着しています。ホイールは、モンスター821のものと比較して1.7kg軽量化された軽合金製で、サイズはフロントが3.50x17"、リアが5.50X17"です。

油圧式クラッチ

モンスターSPに装備されている湿式スリッパー・クラッチは、特別なサーボシステムにより、非常にスムーズな作動を特徴としています。新しい油圧制御により、クラッチの操作力が大幅に軽減されています(モンスター821と比較して20%減)。

シート高

モンスターSPのシート高は840mmです。スリムな車体と相まって、非常に良好な足つき性を実現しています。快適なパッドを維持しながらシート高を810mmに低下させるローシートも、アクセサリーとして用意されています。

フレーム

フロントフレームは、パニガーレV4からヒントを得ています。アルミニウム製のこのフレームは、モンスター821のトレリス・フレームよりも4.5kg軽く(60%の軽量化)、モーターサイクル全体の軽量化に貢献しています。

排気量
937 cc
最高出力
111 ps (82 kW) @ 9,250 rpm
最大トルク
9.5 kgm (93 Nm) @ 6,500 rpm
乾燥重量
166 kg
シート高
810 mm
850 mm(ハイシート・アクセサリー装着時)
テクニカルスペック
セグメント最高レベルのエレクトロニクス

標準装備には、コーナリングABS、ドゥカティ・トラクション・コントロールドゥカティ・ウィリー・コントロールが含まれています。すべてのシステムは、さまざまな介入レベルに調整することが可能です。新型モンスターのスポーティなキャラクターは、ロケット・スタートを可能にするローンチ・コントロールによっても強調されています。これらの最高峰のシステムにより、モンスターは、より安全に、そのパフォーマンスをフルに発揮させることが可能になっています。

スポーツロードウェット各ライディング・モードにより、ライダーの好みやニーズに合わせてモンスターのキャラクターを変化させることができます。ライディング・モードは、ハンドルバーのスイッチと4.3インチ・カラー TFTメーターパネルで簡単に設定を変更することができます。

ドゥカティ・トラクション・コントロール

ドゥカティ・トラクション・コントロールは、ライダーの右手とリアタイヤの間の「フィルター」として機能するインテリジェントなシステムです。このシステムでは、8つの異なる介入レベルを選択することができます。トラクション・コントロールのレベルは、3つのライディング・モードに合わせてあらかじめ設定されていますが、ライダーの好みや路面状況、他の電子制御システムと調整してカスタマイズすることもできます。

ローンチ・コントロール

新型モンスターSPには、ロケット・スタートを可能にするローンチ・コントロール・システムが搭載されています。システムを作動させると、(スロットル開度にかかわらず)エンジン回転数が自動的に調整され、ライダーはクラッチ操作だけに集中することができます。これにより、「ドラッグレース」のように、最高のスタートを切ることができます。

ドゥカティ・ウィリー・コントロール

ドゥカティ・ウィリー・コントロールは、ウィリーの傾向を抑制しながら、最大の加速を実現します。このシステムは、高レベルの安全性を確保しながら、最高のパフォーマンスを提供します。ウィリー・コントロールは、他のコントロール・システムとは独立して、複数のレベルに調整することが可能です。

ドゥカティ・クイック・シフト(DQS)アップ/ダウン

ドゥカティ・クイック・シフト(DQS)アップ/ダウンは、シフト操作を電子的に行うシステムで、シフトアップまたはシフトダウンの際に、クラッチを握らずにギアチェンジを可能にします。このシステムは、スポーツ・ライディングの楽しさを新たな次元へと高め、頻繁なギアチェンジを必要とする市街地やワインディングロードの走行でライダーをサポートします。

コンフィギュレーターで新型モンスターをカスタマイズする

ライディング・プレジャー、絶対的なコントロール性。モンスターは、すべてのライダーのためのスポーツ・ネイキッドです。ドゥカティ・パフォーマンス・アクセサリーで、新型モンスターをカスタマイズしてください。

今すぐコンフィギュレーターを使用する
今すぐコンフィギュレーターを使用する

ディーラーに連絡する

新型モンスターSPの詳細につきましては、最寄りのドゥカティ・ディーラーにお問い合わせください。

ニュースレターのお申し込み

メールアドレスを入力してください。ドゥカティの最新情報やプロモーション情報をお届けいたします。 個人に合わせた通知を受け取ったり、すべての機能にアクセスするため、いつでも Ducati.com に登録を完了させ、プロフィールを作成することができます。 

有効なメールアドレスを入力してください