ブルーノ・スパッジアーリ

1933年1月11日、イタリアのレッジョ・エミリアで生まれたブルーノ・スパッジアーリは、幼い頃から「活気に溢れた」人生を求めていました。モーターサイクルのレースを初めて見た彼は、ただちにレーシングライダーになることを決意しました。最初に手に入れたバイクはドゥカティ・クッチョロでした。1953年に20歳になると、2ストローク・エンジンを搭載するジタンを購入しました。このバイクで、ヴェンサーノ・カジーナのレースに初参戦します。

翌年、スパッジアーリはプロレーサーとしてのデビュー戦で優勝を飾り、自らのポテンシャルを世間に示しました。

この当時は、4ストローク・エンジンの性能が向上し始めていたため、スパッジアーリはクラスを上げて、ジタン175で参戦することを決心しました。急速な進化を見せ、どのようなバイクでも乗りこなすことができるスパッジアーリの実力を認めたドゥカティは、同年、マリアンナを走らせるオフィシャル・ライダーとして彼を抜擢したのです。

ブルーノ・スパッジアーリがドゥカティ・チームの一員として正式参戦した最初のレースは、モトジロ・ディイタリアでした。

ニュースレターのお申し込み

メールアドレスを入力してください。ドゥカティの最新情報やプロモーション情報をお届けいたします。 個人に合わせた通知を受け取ったり、すべての機能にアクセスするため、いつでも Ducati.com に登録を完了させ、プロフィールを作成することができます。 

有効なメールアドレスを入力してください