シェルとドゥカティがパートナーシップ契約を更新、21年間にわたる勝利のテクニカル・パートナーシップを継続

2019年10月31日 ボルゴパニガーレ(イタリア、ボローニャ)
シェルとドゥカティは本日、テクニカル・パートナーシップの延長を発表しました。20年以上にわたるこの象徴的なパートナーシップは、1999年の世界スーパーバイク選手権(SBK)から始まりました。2003年には、ドゥカティがMotoGPへ参戦し、その範囲がさらに拡大されました。

世界的に有名な2つのブランドのテクニカル・パートナーシップは、サーキットで大きな成功を収めただけでなく、イタリア・ボローニャのファクトリーからラインオフする全てのドゥカティ・モーターサイクルには、シェル・アドバンス・モーターサイクル・オイルとシェルV-パワー・フューエルが使用されています。

パートナーシップの当初から、ドゥカティコルセの極めてパワフルなデスモセディチGPレーシング・バイクは、シェル・アドバンス・エンジンオイルを使用しています。過去4年間、シェルが特許を取得したPurePlusテクノロジーによるシェル・アドバンスのレース専用オイルが、ドゥカティのパワーを支えてきました。コンマ1秒の差が勝敗を左右するMotoGPマシン用に開発されたシェル・アドバンスは、デスモセディチGPに搭載されている4ストローク・エンジンのパフォーマンスを最大限に発揮できるように、慎重に調合されています。これは、全19戦を戦うシーズン全体を通してエンジンの信頼性を確保するためにも重要です。サーキットから得られた知識は、世界中のロードバイク用に提供されているシェル・アドバンス・モーターサイクル・オイルと、シェルV-パワー・パフォーマンス・フューエルに活かされています。

1999年にパートナーシップが始まって以来、ドゥカティは、MotoGPおよびスーパーバイク世界選手権において200以上の勝利を挙げ、7回のライダーズ・タイトルを獲得してきました。そのすべてのエンジンに、シェルのレース専用オイルが使われてきました。両社のパートナーシップは、世界最高峰のモーターサイクル・レースの歴史において、もっとも顕著で長期にわたる関係を構築しています。

シェルのルブリカント・マーケティング担当ゼネラル・マネージャーのヴィッキー・ボイテン-リーは、次のように述べています。「この歴史的な関係を、さらに3年間更新できることを大変嬉しく思っています。ドゥカティとのテクニカル・パートナーシップの更新は、シェル・アドバンスとシェルV-パワーの継続的な革新と開発にとって非常に重要な意味を持っています。サーキットから得た知識を活用した、高性能で効率的な製品は、世界中のライダーの方々に提供されています。今回の契約更新は、ドゥカティ、MotoGP、そしてスーパーバイク世界選手権をさらに前進させるという、シェルの明確な姿勢を示すものです。ドゥカティの継続的な成功に貢献できることを誇りに思うと同時に、ドゥカティがさらに多くのレースで勝利することを今から楽しみにしています」

シェル・アドバンスは、道路が常に予測不能な状態になることを前提として生み出されました。シェルとドゥカティがサーキットで得た貴重な知識は、ロードバイク用の製品に適用され、あらゆる環境や走行条件でモーターサイクルのエンジンを保護します。

ドゥカティ・モーター・ホールディング最高経営責任者(CEO)のクラウディオ・ドメニカーリは、次のように述べています。「シェルとドゥカティの歴史的なパートナーシップは、過去20年間でドゥカティを新たなレベルの成功に導く上で重要な役割を果たしました。シェルのレース専用仕様のシェル・アドバンスとシェルV-パワーは、ドゥカティ・エンジンの継続的なパフォーマンスと効率を最大化するために不可欠です。このテクニカル・パートナーシップは、ドゥカティのお客様に高品質な製品を提供する上でも重要です。シェル・アドバンスとシェルV-パワーは、世界中のライダーにとって、高い信頼性と広範囲なテストが繰り返された実証済みのエンジン・オイルと燃料として知られています。両社のパートナーシップを延長できることを大変嬉しく思っています。私たちは、今回の契約更新によって、モーターサイクル・レースの歴史において最も力強い関係の1つであると同時に、弊社のロードバイクの開発にとっても重要なコラボレーションを今後も継続します」

シェル・ルブリカンツについて
「シェル・ルブリカンツ」は、潤滑油事業を行うシェル・グループ企業を総称した名称です。シェルは、幅広い用途の顧客ニーズを満たすために、多種多様な潤滑油を販売しています。これらには、商用モーター、大型輸送機器、鉱業、発電、および一般的なエンジニアリングが含まれます。シェル潤滑油の製品ポートフォリオには、Pennzoil、Quaker State、Shell Helix、Shell Advance、Shell Rotella、Shell Tellus、Shell Rimulaが含まれます。シェル・ルブリカンツは、潤滑油のサプライチェーン全体で事業活動を行っています。同社は7か所の工場でベースオイルを製造し、40を超える工場で潤滑油を作るために添加剤とブレンドし、100か国以上で潤滑油を販売しています。

また、お客様にテクニカルサポートとビジネスサポートを提供しています。製品に加えて、潤滑油関連サービスも提供しています。これらのサービスには、以下が含まれます。Shell LubeMatch - 市場をリードする製品オンライン推奨ツール、Shell LubeAdvisor - 高度なトレーニングを受けたシェル・テクニカルスタッフとオンラインツールを使用してお客様が適切な潤滑油を選択できるよう支援、Shell LubeAnalyst - お客様が機器と潤滑油の状態を監視できる早期警告システム、これによってメンテナンス費用を節約し、機器の故障による潜在的なビジネス損失を回避することが可能になります。

シェルの世界有数のテクノロジーは、お客様に高い価値を提供します。「革新」、「製品への応用」、「技術協力」は、シェル・ルブリカンツの中核的なコンセプトとなっています。同社は、中国、ドイツ、日本、インド、米国に潤滑油研究センターを開設しています。テクノロジーに多額の投資を行い、お客様と密接に協力して革新的な潤滑油を開発しています。さらに、潤滑油、ベースオイル、グリースに関する150以上の特許を取得しており、潤滑油の研究開発に専念する200人以上の科学者と潤滑油エンジニアを擁しています。

お客様のメリットとしては、メンテナンスコストの削減、機器の寿命の延長、エネルギー消費量の削減などが挙げられます。潤滑油技術の限界を広げる方法の1つは、超一流のモータースポーツ・チームと緊密に連携することです。これらのテクニカル・パートナーシップにより、潤滑油における科学的な知識を拡大し、最先端の技術をサーキットからから市販の製品へとフィードバックすることが可能になります。