ドゥカティ・ワールド・プレミア2022 エピソード4

New
Streetfighter V4 SP

¥ 3,959,000(2022年Q1発売予定) i
Time Fighter

ドゥカティは、2022年モデルのストリートファイター・ファミリーのトップエンド・モデルとして、ストリートファイターV4 SPを導入します。シリアルナンバーが刻印されるこのニューモデルには、伝説的な「SP」(スポーツ・プロダクション)という名称が冠されています。新型ストリートファイター V4 SPは、ボルゴパニガーレで生産される量産車中、もっともエキサイティングなネイキッドバイクです

このモーターサイクルは、MotoGPおよびスーパーバイク世界選手権(SBK)のプレシーズン・テストで使用するドゥカティコルセのレーシングマシンからインスピレーションを得た「ウインターテスト」カラーを身に纏うことにより、際立った存在感を示しています。スーパーレッジェーラ V4由来のプレミアムな装備

新しいカーボンファイバー製のホイールは、ストリートファイター V4 Sのホイールよりも1.4kg軽量で、車両全体で3kgの重量削減に貢献しています。カウンター・ローテーティング(逆回転)クランクシャフトと、「ツインパルス」と呼ばれる点火順序を特徴とする1,103ccのデスモセディチ・ストラダーレ・エンジンは、208psの最高出力と123Nm@9,500rpmの最大トルクを発生します。STM-EVO SBK乾式クラッチは、スリッパー機能がより効果的に働くだけでなく、ドゥカティスタを魅了してきた独特の金属音を奏でます。さらに、オーリンズ製Smart EC 2.0サスペンションと、ブレンボ製Stylema R®フロント・ブレーキシステムを搭載し、装備は完成の域に達しています。

新型ストリートファイター V4 SPのプレゼンテーションを見る

ドゥカティ・ワールド・プレミアの4番目のエピソードをご覧ください

Streetfighter V4 SP

ストリートファイターでサーキットを走る

最大限の安全性と快適性を実現するように設計されたドゥカティのテクニカルウェアで、サーキットに出かける準備をしてください。

オンラインショップを見る
オンラインショップを見る

モーターサイクルの仕様、装備、在庫状況は国によって異なる場合があります。

サーキットで走るために生まれたデザイン

そのテクニカルな装備により、ストリートファイター V4 SPは、ネイキッドバイクをサーキットで走らせて、素早くタイムを出したいライダーにとって理想的なモーターサイクルとなっています。その類まれなブレーキ性能、素晴らしい高速安定性により、このモーターサイクルは、コーナーでより容易に車体をバンクさせて、より早く頂点に到達することが可能です。

カーボンファイバー製ホイール

プレミアムな品質を誇る5スプリット・スポークホイールは、高強度なカーボンファイバー製で、複合構造にねじ込まれたアルミニウム製ハブを備えています。それにより、ストリートファイター V4 Sのアルミニウム製鍛造ホイールと比較して1.4kgの軽量化が可能になり、全体として3.4kgの重量削減に貢献しています。その結果、慣性モーメントが大幅に減少し、切り返し時の俊敏性と軽快さが向上しています。

ブレーキシステム

フロント・ブレーキシステムは、ブレンボ製Stylema® Rモノブロック・キャリパー、330mm径ダブルディスク、レースから派生したベンチレーション・ホール付きのピストンを組み合わせることにより、長時間のサーキット走行でもレバーの引きしろの安定性が向上し、残留トルクを削減します。

アルマイト・アルミニウム製フットペグ

ライダー・フットペグは、長期にわたって美しい外観を維持する高品質なアルマイト・アルミニウム合金製です。このフットペグは、ライダーの体型やライディング・スタイルに合った最適なポジションに調整することが可能です。カーボンファイバー製ヒールガード、可倒式ブレーキおよびギアチェンジ・ペダルを装備することにより、転倒時における破損のリスクを最小限に抑えます。さらに、一般的なシフト構成とサーキット走行用のリバースシフトを迅速に切り替えることができるように設計されています。

サスペンション

ストリートファイター V4 Sと同様、SPバージョンにもオーリンズ製NIX-30フロントフォーク、オーリンズ製TTX36リア・ショックアブソーバー、第2世代のオーリンズ製Smart EC 2.0システムによって制御されるオーリンズ製ステアリング・ダンパーが装備されています。Sバージョンとは異なり、このニューモデルは、パニガーレ V4と同じスプリングおよび油圧システムを備えています。唯一の違いは、フォーク・スプリングのプリロードが11mmから6mmに減少したことです。

デスモセディチ・ストラダーレ

ストリートファイター V4 SPは、ユーロ5規制に適合した1,103ccのデスモセディチ・ストラダーレ・エンジンを搭載しています。デスモドロミック・バルブ駆動システムを採用し、MotoGPマシンから派生したこの90°V型4気筒エンジンは、カウンター・ローテーティング(逆回転)クランクシャフトと、「ツインパルス」と呼ばれる点火順序を特徴としています。最高出力は208ps@13,000rpm、最大トルクは123Nm@9,500rpmです。

乾式クラッチ

90°V型4気筒エンジンには、マシン加工が施されたアルミニウム製の9ディスクSTM EVO-SBK乾式クラッチを備えています。ストリートファイター V4 Sに装備されている湿式クラッチと比較した場合、乾式クラッチは、サーキットでの限界走行における非常にアグレッシブなシフトダウン時にもスリッパー機能がより効果的に働き、“スロットル・オフ”時のあらゆる状況でより滑らかな挙動が実現します。付属品として提供されるオープンタイプのカーボンファイバー製クラッチカバーを装着すると、数多くのドゥカティスタを魅了してきた独特の金属音がさらに強調されます。

最高出力
153 kW (208 ps) @ 13,000 rpm
最大トルク
123 Nm (12.5 kgm) @ 9,500 rpm
排気量
1,103 cc
乾燥重量
177 kg
シート高
845 mm
安全装備
ライディング・モード、パワー・モード、ボッシュ製コーナリングABS EVO、ドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC)EVO 2、ドゥカティ・ウィリー・コントロール(DWC)EVO、ドゥカティ・スライド・コントロール(DSC)、エンジンブレーキ・コントロール(EBC)EVO、オート・タイヤ・キャリブレーション
テクニカルスペック
エレクトロニクス

ストリートファイター V4 SPの最新世代のエレクトロニクス・パッケージは、空間におけるモーターサイクルのロール、ヨー、ピッチ角を即座に検出する6軸慣性測定ユニット(6D IMU:慣性測定ユニット)をベースにしています。

以下のシステムから構成されるこのエレクトロニクス・パッケージは、発進、加速、ブレーキング、トラクション、コーナリングといった、あらゆるライディング・フェーズを制御します。

  • ボッシュ製コーナリングABS EVO
  • ドゥカティ・トラクション・コントロールEVO 2(DTC EVO 2)
  • ドゥカティ・スライド・コントロール(DSC)
  • ドゥカティ・ウィリー・コントロールEVO(DWC EVO)
  • ドゥカティ・パワー・ローンチ(DPL)
  • ドゥカティ・クイック・シフト・アップ/ダウンEVO 2(DQS EVO 2)
  • エンジン・ブレーキ・コントロールEVO(EBC EVO)
  • ドゥカティ・エレクトロニック・サスペンションEVO(DES EVO) 

システムの作動パラメーターは、3つのライディングモードに合わせて予め設定されています。ライダーは、ライディング・スタイルに合わせてパラメーターを調整したり、デフォルト設定に戻したりことができます。DTC、DWC、DSC、EBCといったシステムの制御レベルは、ハンドルバー左側に設置されたスイッチを使用して、素早く調整することが可能です。

ストリートファイター V4 SPの動画を見る!

Contact dealer

新型ストリートファイター V4 SPの詳細について、最寄りのドゥカティ・ディーラーに問い合わせる。

ニュースレターのお申し込み

メールアドレスを入力してください。ドゥカティの最新情報やプロモーション情報をお届けいたします。 個人に合わせた通知を受け取ったり、すべての機能にアクセスするため、いつでも Ducati.com に登録を完了させ、プロフィールを作成することができます。 

プライバシーの取り扱いに同意してください
有効なメールアドレスを入力してください