HOW IT'S MADE - THE PROCESS

Side Panniers

最初のデザインスケッチから最終製品まで。ドゥカティ・パフォーマンスの新しいサイドパニアケースは、12カ月の集中的な作業を経て完成します。

その製作プロセスは、ひとつの壮大な旅に例えられます!この製品は、完璧なツーリング用アクセサリーを製作するという情熱の下、品質、デザイン、機能性に徹底的にこだわっています。

次のステップは、3Dプリンターによるプロトタイプの作成です。その後、プロトタイプをモーターサイクルに装着して、容量、固定システム、美的側面が評価されます。

この段階から、集中的なテストが開始されます。 

防水テスト

防水テストでは、“レイン・チャンバー”と呼ばれる実験室で暴風雨を人工的に再現し、どのような気象条件でもパニアケース内に水が浸入しないことを確認します。

振動テスト

特別な振動ベンチを使用して、イタリアの都市の石畳や、非常に荒れた未舗装の道などを再現し、強い振動が長時間続く場合のパニアケースの品質をテストします。

カラーテスト

強烈なフロリダの太陽光を再現し、その中にパニアケースを何週間も晒した状態で、変色、素材の変形、仕上げ品質といった内容が評価されます。

パニアケースの生産段階では、サプライヤーの豊富なノウハウが投入されます。この作業が完了するまでに、数カ月を要する場合もあります。その理由は、コンピューター制御されたフライス盤を使用して、ひとつのスチール製金型を製作するだけで、数カ月が必要だからです(各パニアケースに、数個の金型を作成する必要があります)。

金型が完成したら、いよいよ生産が始まります。完成した各パーツの品質は、継続的に検査されます。

最終仕上げ、グラフィックやロゴの装着が完成したら、サイドパニアケースは、ドゥカティ・ディーラーへ向けて発送する準備が整います。

ニュースレターのお申し込み

メールアドレスを入力してください。ドゥカティの最新情報やプロモーション情報をお届けいたします。 個人に合わせた通知を受け取ったり、すべての機能にアクセスするため、いつでも Ducati.com に登録を完了させ、プロフィールを作成することができます。 

プライバシーの取り扱いに同意してください
有効なメールアドレスを入力してください