アルバロ・バウティスタがドゥカティに復帰!2022年シーズンにAruba.it Racing - Ducatiチームからスーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦

 アルバロ・バウティスタが、Aruba.it Racing - Ducatiチームに戻ってきます。彼は、ドゥカティ・パニガーレV4 Rを駆って2022年のSBKシーズンに参戦します。

アルバロ・バウティスタは、2006年にロードレース世界選手権の125ccクラスで8回の優勝を含む合計14回の表彰台を獲得して、250ccクラスにステップアップ。その後の3シーズンで、8回の優勝を含む合計24回の表彰台を獲得しました。
1984年11月21日にタラベラ・デ・ラ・レイナ(スペイン、トレド)で生まれたスペイン人ライダーのバウティスタは、2010年にMotoGPクラスに昇格し(2012年から2014年の間に3回の表彰台を獲得)、2017年と2018年シーズンにはドゥカティ・デスモセディチGPを駆って参戦しました。
2019年にはSBKにデビューし、パニガーレV4 Rで16回の優勝を含む合計24回の表彰台を獲得し、ライダーズ・ランキング2位でシーズンを終了しました。

バウティスタは、スコット・レディングの後継ライダーとなります。Aruba.it Racing – Ducatiチームは、2020年からチームの一員となったレディングの功績に感謝の意を表するとともに、今後の活躍をお祈りします。チームは、今シーズンの残りのラウンドも、素晴らしい結果を残すためにレディングと一緒に戦い、全力で彼をサポートします。