ワールド・チャンピオン!メイド・イン・イタリーの情熱とテクノロジーがMotoGPを制覇

2022年11月6日、MotoGP最終戦のバレンシアGPが開催され、フランチェスコ・バニャイアとドゥカティ・デスモセディチGP22が、2022 MotoGPワールド・ライダーズ・タイトルを獲得し、モーターサイクル史に新たなページを書き加えました。

MotoGP史上初めて、同じ国のライダーとマシンがワールド・タイトルを獲得しました。

イタリアならではの魔法の組み合わせ(世界最速マシン - デスモセディチGP22の専門知識とテクノロジー、フランチェスコ・バニャイアの類まれな情熱、才能、決意)により、ドゥカティとフランチェスコ・バニャイアは、最高峰クラスで他のどのライダーも達成したことがない歴史的な大逆転劇を演じて、タイトルを獲得しました。今日のレースの結果、ドゥカティは、厳しいシーズンを過ごしながらも、ドゥカティスタとともに歓喜の瞬間を手に入れました。

革新的なテクノロジーとイノベーションが生まれるエミリア・ロマーニャ州モーターバレイの中心にあるボルゴ・パニガーレに始まり、世界一流のライダーであるフランチェスコ“ペッコ”バニャイアの故郷であるトリノ、そして“ペッコ”が住むペザロに至るまで、今シーズンは、他に類を見ないレーシング・ストーリーが繰り広げられました。 

日本メーカー以外で、MotoGP世界選手権でタイトル獲得経験のある唯一のブランドであるドゥカティにとって、これは2007年にケーシー・ストーナーが獲得したタイトルに続く、2度目のライダーズ・ワールド・タイトルです。

この成功は、ドゥカティのブランド・バリューである「スタイル、洗練、パフォーマンス」を完璧に体現したもので、あらゆる側面でドゥカティに歓喜の瞬間をもたらしました。

ドゥカティ最高経営責任者(CEO)のクラウディオ・ドメニカーリは、次のように述べています。「今日はドゥカティにとって素晴らしい日となりました!ドゥカティ・コルセは、2度目のMotoGPライダーズ・タイトルを獲得するために、たゆまぬ努力を続けてきました。そして今日、それを手中に収め、胸が高鳴っています。ドゥカティスタの情熱はレースとともにあり、ドゥカティが歩んできた道もレースと密接に関係しているので、本当に嬉しい気持ちで一杯です。まず最初に、ペッコを祝福したいと思います。彼は、挽回が不可能に思えたときでも、決してあきらめることなく自分を信じて、素晴らしいシーズンを過ごしてきました。“三銃士”のジジ(ルイジ・ダッリーニャ)、パオロ(チャバッティ)、ダビデ(タルドッツィ)、そしてこの信じられないようなマシンの開発に取り組んできたドゥカティ・コルセとドゥカティ・レノボ・チームのすべてのスタッフ、そしてボルゴ・パニガーレの本社で働き、この感動を実現してくれたすべての従業員に感謝します。ワールド・タイトルは、彼らとドゥカティスタ全員のものです。長い道のりでしたが、現在のチームは、かつてないほど高い戦闘力を備えています。今回の結果により、プレッシャーから開放され、これまで以上に集中して今後のレースに臨むことがでます。これは、非常に重要なことです。ドゥカティにとって、素晴らしい未来が開けていると確信しています」

バニャイアがチェッカーフラッグを受けてタイトルを確定させたとき、ドゥカティ・レノボ・チームのパドック、バレンシア・サーキットのドゥカティ・グランドスタンド、そしてボルゴ・パニガーレのドゥカティ本社に設置された大画面でレースを観戦していた従業員は、歓喜の渦に包まれました。

ドゥカティは、今シーズンに達成した「三冠」を、ドゥカティだけでなく、ボローニャの街全体で祝う予定です。12月15日には、今回のタイトル獲得に貢献したすべての主役たちが一堂に集結して、祝賀イベントを開催することが決定しています。イベントに関する最新情報は、今後数週間以内に発表されます。