スピードを肌で感じる

ドゥカティ・オフィシャル・テストライダー、アレッサンドロ・ヴァリアへのインタビュー

ドゥカティ・スーパーレッジェーラV4は、現代のモーターサイクル・エンジニアが到達可能な頂点に君臨するバイクです。一言で表現すれば、夢を叶えるということです。

それは、素材のダイナミクスとエンジニアリングに関する最も革新的な研究の成果です。そのようにして製作されたモーターサイクルは、サーキットへと持ち込まれ、テストライダーによって、もっともエモーショナルな走りを実現できるまで走行テストが繰り返されました。

「それは非常にエモーショナルな体験でした。無限の可能性を感じることができたのです。この重要なプロジェクトの一員になれたことを誇りに思います。このプロジェクトでは、高度なテクノロジーとメカニズムを、史上最強の量産バイクに導入するために、あらゆるディテールに注意を払った献身的な作業が実施されました」

この作業では、ドゥカティのデザイナーとドゥカティ・オフィシャル・テスト・ライダーのアレッサンドロ・ヴァリアが密接に協力して、エモーショナルな走りの感覚を追求しました。ダイナミクスを分析して、コンポーネントを再設計することにより、これまでにないシャシ・バランスが完成しています。高度な電子制御システムは、よりシンプルなライディングを実現することを目的として調整されました。

最初の印象はきわめて良好でした。ムジェロのピットから出て最初のコーナーに到着しましたが、あまりブレーキをかける必要がないことに気付きました。コーナーに沿って自然にラインをトレースできることを、はっきりと感じたのです。これは、類まれな経験であり、大きな安心感が生み出されました。つまり、技術的な側面はいっさい忘れて、ライディングに集中できることを意味しています。

優れたシャシにより、並外れた結果がもたらされました。このバイクは、コーナーで切り返すときに、信じられないほどスムーズな挙動を示しました」

総合的な安定性を確保することによって、敏捷性も向上します。エアロダイナミクスに関して実施された作業により、ウイングによって生じるダウンフォースがバイクを地面へと押し付け、トラクション・コントロールが強く介入する頻度を減らすことが可能になります。

このバイクの加速は、非常に印象的です。しかし、このバイクの一番の特徴は、バイクを思いのままにコントロールすることが可能で、絶対的な安心感を得ることができる点です。空力パッケージのおかげで、フロントの浮き上がりを心配することなく、コーナーの立ち上がりで思い切りアクセルを開けることができます。

激しいアップダウンが続くコースをフルスピードで駆け抜けるポルティマオ・サーキットでは、ウイングの効果を特に実感することができました。特に、ホームストレート前の登り坂では、すべてのマシンがウィリー傾向に陥りますが、このバイクは路面にしっかりと押し付けられ、優れた安定性と高いグリップを示しました。このバイクは、重要な場面で、安定した姿勢を保ったままスロットルを全開にできるのです

垂直加重が向上することにより安心感が高まり、長距離のレースでも疲労が少なく、パフォーマンスを最大限に発揮することが可能になります。これらはすべて、「パフォーマンスを再定義する」というドゥカティのコンセプトを体現しています。

「デスモセディチGPやSBKマシンに最初に乗ったときに、非常に扱いやすいことに驚きました。この印象は、スーパーレッジェーラV4でもまったく同じです。私たちは、究極でありながらも、直感的に扱うことができるバイクを開発したのです。これは、あらゆる加速とあらゆるコーナーで、限界を超えたいと考えているライダーのためのバイクです。

その特徴は、バイクから伝わってくる絶対的な安心感です。非常に優れたパワー・ウェイト・レシオを備えているにも関わらず、俊敏かつ直感的にバイクをコントロールすることができます。それによって、ライダーは、最高のパフォーマンスを発揮することが可能になります。ムジェロ・サーキットでのテストでは、1分52秒45のラップタイムを記録しました。これは、 CIV SBK(イタリア・スーパーバイク選手権)のチャンピオン、ミケーレ・ピッロがパニガーレV4 R SBKを駆って記録したタイムとわずか2秒以内という驚異的なタイムです。さらに驚くことは、スーパーレッジェーラV4は公道走行可能なバイクだということです。GPチームのメカニックによる調整なしに、このタイムを記録することができたのです。彼らの驚いた顔を想像してみてください」

スーパーレッジェーラV4の開発にあたっては、15回以上の専用のサーキット・セッションが実施されました。各セッションでは、さまざまなマッピングがテストされ、ダイナミクスとエンジン・キャリブレーションが完成の域に達するまで調整されました。

「私たちは、エンジン・マネージメントに多くの注意を払いました。スロットルとパワーの最適な関係を見つけるために、非常に多くの時間が費やされました。その理由は、このバイク独自のキャラクターを定義したかったのです。そして、私たちは、その作業を見事に成功させたのです。

夢のようなライディング体験。比類なき俊敏性。独自のキャラクターを備えたパワー。そのすべてが融合して、純粋でエモーショナルなスピード体験が生み出されるのです

詳細を見る

スーパーレッジェーラV4は究極のドゥカティ・プロジェクトです。このプロジェクトにおいて、私たちは実現可能性という障壁を一つ一つ克服しながら、軽量設計による極めてエモーショナルな走りの世界を創出しています。

夢のバイクを設計、製造したドゥカティ・エンジニアへのインタビューをご覧ください!

New Superleggera V4

231ps(レース仕様)に対して僅か152.2 Kgの乾燥重量。この類稀なるスペックを持つ製品は、カーボン製フレームと、チタンとマグネシウムのコンポーネントを惜しみなく採用したことにより実現されました。

詳しくはこちら
詳しくはこちら

ニュースレターのお申し込み

メールアドレスを入力してください。ドゥカティの最新情報やプロモーション情報をお届けいたします。 個人に合わせた通知を受け取ったり、すべての機能にアクセスするため、いつでも Ducati.com に登録を完了させ、プロフィールを作成することができます。 

プライバシーの取り扱いに同意してください
有効なメールアドレスを入力してください