Scrambler 450

スクランブラーは、アメリカ市場を念頭にデザインしました。初代スクランブラーが登場して以来、多くの変更を施し、1968年には“ワイド・ケーシング”と呼ばれる幅の広いエンジンを搭載したモデルを発売しました。まず250ccバージョンと350ccバージョンが登場。1969年に450ccバージョンを市場に導入しました。

スクランブラー・シリーズにはバルブ開閉機構/デスモドロミック機構 を取り入れたシリンダーヘッド搭載モデルもあり、生産が終了する1974年まで数多くの技術的改良を行いました。

このシリーズが商業的に成功した理由は数多く考えられます。まずは傑出したフレーム性能です。さらに専用設計したエンジンも大きく貢献しました。スクランブラーは、絶対的な速さを競うモデルではありませんでしたが、優れた車体バランスと完璧なライディングポジションによって、きわめて楽しいモデルに仕上げました。さらに丸みを帯びたスタイリングはエレガントで、クラシックかつモダン。ブラックのシャシー、クロームメッキの燃料タンクと対照的な明るいカラーも特徴でした。

スクランブラーは、アメリカとヨーロッパのモーターサイクル文化を巧みに融合して、ライダーから熱狂的な支持を集めました。そのデザインは極めてスタイリッシュで、現在でも高い人気を誇っています。

 

 

Displacement

436 cc

Maximum power

27 hp at 6500 rpm

Maximum speed

130 km/h

Dry weight

145 kg

ニュースレターのお申し込み

メールアドレスを入力してください。ドゥカティの最新情報やプロモーション情報をお届けいたします。 個人に合わせた通知を受け取ったり、すべての機能にアクセスするため、いつでも Ducati.com に登録を完了させ、プロフィールを作成することができます。 

プライバシーの取り扱いに同意してください
有効なメールアドレスを入力してください