MotoGP 第17戦 オーストラリア

MotoGP第17戦のオーストラリアで、ドヴィツィオーゾが3位表彰台を獲得、バウティスタも健闘して4位でフィニッシュ

2018 MotoGP第17戦のオーストラリアGPが10月28日にフィリップ・アイランド・サーキットで開催された。ドゥカティ・チームのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、激しいバトルを展開しながら、3位でフィニッシュした。左手首の負傷によりレースを欠場しているロレンソの代わりに参戦したアルバロ・バウティスタは、4位でチェッカーを受けた。

3列目からスタートしたドヴィツィオーゾは、5周目から7周目にかけて首位を走行するが、このレースで優勝したマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)にオーバーテイクされ、その後はバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、アンドレア・イアンノーネ(スズキ)、バウティスタと激しいバトルを展開。残り数周で、イアンノーネとテール・トゥー・ノーズの戦いとなるが、オーバーテイクには至らず、価値ある3位表彰台を獲得した。この結果によって、ドヴィツィオーゾは、ライダーズランキングで、3位のロッシに15ポイントの差を付けて2位の座をキープしている。

今回のレースでチームメイトとなったバウティスタは、素晴らしい結果を残した。バウティスタは、接戦の中、4位でチェッカーを受けた。バウティスタは、4列目からのスタート。トップグループに追いつくと、15周目には2番手に浮上。ドヴィツィオーゾ、イアンノーネ、ロッシと表彰台争いを繰り広げるが、最後の数周でイアンノーネとドヴィツィオーゾにオーバーテイクされ、4位でレースを終えた。

ドゥカティ・チームは、バウティスタの参戦に協力してくれた、アンヘル・ニエト・チーム、代表のホルヘ・マルティネス “アスパー”、そしてバウティスタに再び感謝の意を表明している。

第18戦のマレーシアGPは、11月2日~4日に、セパン・インターナショナル・サーキットで開催される。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ(Ducati MotoGPチーム #04) 3位
「今日のレース展開には満足している。僕らのマシンが速いことは分かっていたが、表彰台を獲ることは、また別の話だ。レースでは、スタート後すぐに理想的なポジションにつくことができた。これまで何度も見てきたが、ここフィリップ・アイランドで3列目からスタートすると、何が起こっても不思議ではない。幸運にも、すぐさまポジションをいくつか上げることに成功し、数周後には自分の予想以上にマシンが速いことに気付いた!その後は、いくつかの問題はあったものの、タイヤを温存しながら、最後まで良いペースで周回することができた。良い仕事ができて、とても嬉しい。フィリップ・アイランドは、マシンの戦闘力を知るには最高のサーキットだ。去年と比べて、僕たちは大きく前進している」

アルバロ・バウティスタ(Ducati MotoGPチーム #19) 4位
「このサーキットでは3回も転倒して厳しい週末となったが、4位でフィニッシュできて努力が報われた。このようなサーキットで、新しいチームで、新しいマシンに跨り、レースを戦うのは容易なことではないが、チーム全員で協力して作業を進め、セッションごとに前進することができた。プレッシャーがない状態で参戦できたので、デスモセディチGP18のライディングを楽しむことだけを考えて、集中かつリラックスしてスタートすることができた。スタートの混乱を抜け出して、すぐにトップグループに追い付いて、表彰台争いに加わることができた。最後の数周で小さなミスを犯してドヴィツィオーゾとイアンノーネに抜かれてしまったが、最終的な結果には大いに満足している。とくに、僕のことを信頼してくれたチームとドゥカティに再び感謝したい」